パソコンDWG互換CADを導入するためには、まずこのソフトにどのような能力があるのかを知っておかなければいけません。何も知らないまま導入するような企業は存在していないでしょう。そこでDWG互換CADの主な能力を見ていきたいと思います。まずはオートCADとの互換性が高くなっているという点です。オートCADで作成した図面であっても、しっかりと正しい状態で表示できます

これはとても重要なことだと言えるでしょう。次の能力は、自分が使いやすいように、自由にカスタマイズができるという点です。カスタマイズが行えることで、より自分が使いやすいように変更することができるため、作業効率も上がるでしょう。

他にもいろいろな便利ツールが設けられています。便利ツールがあるのとないのとでは、やはり作業効率に大きく影響が出てしまうでしょう。さらにはネットワークライセンスにも対応していますし、電子納品図面の入出力も可能になっています。このようにDWG互換CADにはいろいろな能力があるので、現在では注目されているソフトだと言っても過言ではありません。(参考|互換Auto CADの製品概要:アレス

実際に導入している企業もたくさん存在しているため、使いやすくていろいろな能力があるというのがわかるでしょう。これで安価だというのですから、かなりのメリットがあるのです。

Pocket