ブルーの背景建築業や製造業では欠かせない存在なのが設計図です。設計図を作成するためには、昔は製図と呼ばれている方法で行っていたのですが、現在ではパソコンを使って行うのが一般的です。パソコンに設計ソフトをインストールして使用するのですが、より高度で分かりやすく、正確な図面を作成するためには、CADというソフトを使うことが多いでしょう。そのため、大半の業者はCADを導入しているのです。しかし、CADというのはかなり高いソフトウェアです。

あまり儲けがない会社の場合には、そう簡単に導入できるわけではないのですが、そんなときに安価で手に入れることができるのが、DWG互換CADになっています。しかも最近ではいろいろな機能を使うことができますし、一般的なCADと大きく変わっているというわけではありません。そのため、大手の建設企業でも導入していることが多いのです。いくら機能に優れていて、安価な値段で導入できるとは言っても、実際に使用できなければ意味がありません。

しかし、本格的に導入している企業が多いということは、実際に使用しても全く問題がないという証拠でしょう。特に建設業の場合には、図面の量も多くなりますし、3Dの図面なども必要になってくるので、より2Dの図面の費用を削る必要が出てくることもあります。そんなときにこそDWG互換CADを導入することで、費用の削減と2D図面の作成をしっかりと行うことができるのです。当サイトでは設計ソフトであるCADの中でも、DWG互換CADについて触れていきたいと思います。

Pocket