DWG互換CADの主な能力

パソコンDWG互換CADを導入するためには、まずこのソフトにどのような能力があるのかを知っておかなければいけません。何も知らないまま導入するような企業は存在していないでしょう。そこでDWG互換CADの主な能力を見ていきたいと思います。まずはオートCADとの互換性が高くなっているという点です。オートCADで作成した図面であっても、しっかりと正しい状態で表示できます

これはとても重要なことだと言えるでしょう。次の能力は、自分が使いやすいように、自由にカスタマイズができるという点です。カスタマイズが行えることで、より自分が使いやすいように変更することができるため、作業効率も上がるでしょう。

他にもいろいろな便利ツールが設けられています。便利ツールがあるのとないのとでは、やはり作業効率に大きく影響が出てしまうでしょう。さらにはネットワークライセンスにも対応していますし、電子納品図面の入出力も可能になっています。このようにDWG互換CADにはいろいろな能力があるので、現在では注目されているソフトだと言っても過言ではありません。(参考|互換Auto CADの製品概要:アレス

実際に導入している企業もたくさん存在しているため、使いやすくていろいろな能力があるというのがわかるでしょう。これで安価だというのですから、かなりのメリットがあるのです。

Pocket

DWG互換CADは使いやすいかが重要

いくらDWG互換CADが安価だとは言っても、使いやすくなければ意味がありません。また、導入するソフトによっては図面化けをしてしまうこともあるのです。文字化けという現象は知っているでしょうが、これと同じように図面が滅茶苦茶な状態になってしまう場合もあるので、ただ導入すればよいというわけではありません。しかし、DWG互換CADに関しては、図面化けをするケースは殆どないと言われています

キーボード図面化けだけではなく、今まで使用していたCADに比べて、極端に操作方法が異なっている場合や、操作方法が難しい場合には、使用できるように社員の研修などを行う必要が出てくるでしょう。特に近年は人を育てられる会社というのがかなり少なくなってきています。求人票を見ても、経験者に限って採用するところが多いと言えるでしょう。これは社員を育てる能力がないから、自分で覚えてきてほしいと言っているのと同じです。

そのため、社員の教育が必要になってしまうと、導入を嫌がる企業もあります。しかし、それほど一般的なCADと比べても、操作が難しいということはありません。しかも安定性がよくなっているので、いろいろな企業が導入を検討しているというのもわかるでしょう。実際にもう導入して、使用している企業もあります。

Pocket

DWG互換CAD

ブルーの背景建築業や製造業では欠かせない存在なのが設計図です。設計図を作成するためには、昔は製図と呼ばれている方法で行っていたのですが、現在ではパソコンを使って行うのが一般的です。パソコンに設計ソフトをインストールして使用するのですが、より高度で分かりやすく、正確な図面を作成するためには、CADというソフトを使うことが多いでしょう。そのため、大半の業者はCADを導入しているのです。しかし、CADというのはかなり高いソフトウェアです。

あまり儲けがない会社の場合には、そう簡単に導入できるわけではないのですが、そんなときに安価で手に入れることができるのが、DWG互換CADになっています。しかも最近ではいろいろな機能を使うことができますし、一般的なCADと大きく変わっているというわけではありません。そのため、大手の建設企業でも導入していることが多いのです。いくら機能に優れていて、安価な値段で導入できるとは言っても、実際に使用できなければ意味がありません。

しかし、本格的に導入している企業が多いということは、実際に使用しても全く問題がないという証拠でしょう。特に建設業の場合には、図面の量も多くなりますし、3Dの図面なども必要になってくるので、より2Dの図面の費用を削る必要が出てくることもあります。そんなときにこそDWG互換CADを導入することで、費用の削減と2D図面の作成をしっかりと行うことができるのです。当サイトでは設計ソフトであるCADの中でも、DWG互換CADについて触れていきたいと思います。

Pocket